ケイシー流オイルマッサージ。神経系に働きかけるマッサージのすばらしさを体験しました。

大阪で、「家庭で行うケイシー流オイルマッサージ実践講座』を受講しました。

エドガー・ケイシーってご存知ですか?昨年映画「リーディング」が公開されたので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。わたしは以前から興味があって本を読んだり、ひまし油湿布を試したりしていました。今日は講座の感想をシェアします。エドガー・ケイシーについてはまた改めて書きたいと思います。

ケイシー流を体験して

この講座は、「家庭で行う」ことが前提でしたので、マッサージが初めての方もできるように設定されていました。

和室の会場で、ベッドではなく畳の上で練習しました。こんな感じなら、家庭でも出来ますね。一日で取得できるため、手技も複雑でありません。こんなに簡単。それでも気持ちいい。実際に、オイルをつけてマッサージを受けると、体が芯から温まってぽかぽかしました。交代して施術者側になると、さらに体が温まり、汗をかくほどでした。気持ちよくて、体が活性化したと感じました。

SONY DSC

ケイシー流は使うオイルが特徴的

わたしが行うオイルトリートメントとの違い。それは使用するオイルです。ケイシー流では、エドガー・ケイシーが勧めるオイルを使用します。講座ではオイルについて詳しく学びました。

アロマトリートメントでは、精油が一番の鍵になります。バザルトではバザルトを使うことが一番の特徴です。ケイシー流では、ケイシーがリーディングでよく取り上げたオイルを使いました。それは、オリーブオイルとピーナツオイルです。オイルが違うからでしょうか。今まで受けたトリートメントとは体感が違いました。バザルトで体全体がほこほこ温まるのとも違います。それがまた別格で、すばらしかったです。

オイル以外にも特徴がありました

ケイシー流では、神経系に刺激を与えることを大切にしていました。なので、背骨にそった手技が特徴的でした。実は、背骨はわたしにとって今最大の注目ポイント。この講座を受けに行ったのも、背骨のケアを学びたいからでした。

わたしが今、学んでいるソマティック・エナジェティクスは、神経系をクリアにすることを目的としています。そのこともあり、背骨が気になるのです。クレイパックでも、個人的に背骨のパックを検証しています。

いつかは背骨ケアをメニューに加えたい

背骨からは神経が無数に出ています。その神経は臓器につながっています。神経の通り道をきれいにすると、臓器にも通じるのです。また、感情は背骨とつながりがあります。わたしは、感情の解放なくしては健康はないと思っているので、こちらの面からも背骨のケアには注目しています。

いずれサロンでも背骨のケアを行いたい!そう考えています。昨日はその一歩になった日でした。今後も進歩があればブログでご報告させていただきますね。

    関連記事

    PAGE TOP
    PAGE TOP